家事効率化!しゅふろぐ

主婦歴十数年の料理嫌い主婦が、簡単料理などの家事を中心に読書や音楽など興味の赴くままに綴ります

【読書】視力を失わない生き方【視力アップ】

f:id:mocomocomoco1:20220101170154j:plain


あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。

 

新年早々、本を読んだので読書メモです。

 

 

視力を失わない生き方
日本の眼科医療は間違いだらけ

 

深作秀春 著 

 

f:id:mocomocomoco1:20220101165747j:image


寿命が伸びたのに対し、目と言う機能はその寿命に追いついていない。

 

花粉症などで目をこするのは、網膜剥離を起こす可能性があるので良くない。

 

視力が良くなるお手軽本はデタラメで、返って網膜剥離の起こすことも。


ツボやマッサージなども良くない。

 

紫外線が目の病気を引き起こす事があるので、サングラスの使用を推奨。


メガネでもオーケー。


プラスチックレンズは、ガラスレンズより紫外線の透過率を下げる。

 

レーシックの価格が安いところは安い機器を使用しており、網膜剥離の可能性もあるので、価格の安さだけで決めてはいけない。

 

他にも、白内障緑内障網膜剥離などの病気について記載があります。


総合病院、大学病院は研修病院(練習病院)なので、大学病院だから良い病院とは限らない。

手術は、眼科手術専門家が良い。

 

良い病院ランキングのカラクリについても記載あり。


著者の病院は、手術件数が1位だったが、ライバルからメディアへの圧力で、ランキングから除外された(大学病院のみのランキングにされた)

 

感想

 

私も子供も視力が悪いです。

 

子供は、「マイオピン」という、視力を上げる(下げない)目薬を使用しています。

効果としては「視力を下げない」なのですが、視力が上がることもあると眼科の先生はおっしゃっていました。

 

日本では未承認の薬ですが、眼科先進国のシンガポールでは承認薬です。

 

まだ私は老眼にはなっていませんが、遠くが見えないのに近くまで見えなくなるのは嫌だ!

どうしたら、目を悪くせずに過ごせるのか知りたくて読みました。

 

大きな病院だから大丈夫であるとか、ランキング上位だから大丈夫と思わずに、自分で調べるのが大事ですね。