家事効率化!しゅふろぐ

美容・健康・読書・音楽など興味の赴くままに綴ります。最近は歯列矯正記事多めです。

トマト缶は危険 缶詰の毒性について改めて調べてみた


バターチキンカレーやラタトゥイユ、トマトソースのパスタなど、我が家はトマト缶を使う料理をよく作ります。

 

それでそのトマト缶なんですが、何年か前にトマト缶は危険という情報を見たことがあります、

 

なぜトマト缶は危険なのか?

それはビスフェノールA(DPA)という物質を缶詰に使っていて、トマトは酸性が強いのでトマト缶はDPAがピスフェノールAが含まれてしまうからです。

 

"食品缶詰または飲料缶内面のエポキシ樹脂による防蝕塗装が施された部分からビスフェノールAが飲食物に移行する"

(厚生労働省HPより)

 

調べたところ、厚生労働省でも摂取はできるだけ控えた方が良いと書かれていました。

”念のため、公衆衛生的な観点から、できるだけ曝露しないように食生活に心がけて下さい。”

厚生労働省HPより)

 

ビスフェノールAについてのQ&A|厚生労働省

 

そんなわけで私はトマト缶ではなくトマトパックを使っています。

時々トマトパックを置いていないスーパーや笑トマトパックが凄く高い時は安価な、トマト缶に頼ってしまうこともありますが…

 

厚生労働省のHP見ると、トマト缶が危険ってより、缶詰全般だよね?!

ビスフェノールAが使用されている缶詰は避けてねってことよね!?

 

あら~サバ缶よく使ってるし、災害に備えて今日もイワシ調理缶をたくさん買い込みましたよ。

 

 

 

マルハニチロビスフェノールAについての回答

 

缶の内面塗装の環境ホルモンが心配ですが大丈夫ですか?
---------------
缶の内面塗装は、貯蔵中の内容物の色や味の変化及び缶の腐食等を防ぐために、内容物に応じて様々な塗料が使用されています。
なお、缶の内面塗装は環境ホルモンとしての疑いがある物質、ビスフェノールABPA)が検出されることが指摘されていますが、お客様の不安を解消するため、製缶会社ではBPAの低減、新しい技術(フィルムラミネート)の採用などに積極的な取組みを行っています。
これらの内面塗料やフィルムは、食品衛生法に基づく規格値に十分適合したものを使用していますので、安心して缶詰食品をお召し上がりください。

 

缶詰 | 商品別Q&A | お客様相談室 | マルハニチロ株式会社

 

積極的な取り組みは行っているけれど、不使用ではないわけですね?

そして、従来の毒性試験より微量でも胎児や乳幼児は影響があるという研究もあるとのことですので、まぁやっぱり、それなりに避けておいた方がよさそう。

 

日本は諸外国に比べて、結構危険な食べ物もOKだしねぇ。

マーガリンとかねぇ。

うちはマーガリンは10年以上買っていなくてバター派です。

 

缶詰は便利です。

でもこのような毒性があることも頭の片隅におきつつ、上手に付き合っていきたいですね。