家事効率化!しゅふろぐ

美容・健康・読書・音楽など興味の赴くままに綴ります。最近は歯列矯正記事多めです。

【ダイエット】運動しても食事を減らしても体重や体脂肪は減らない【カロリー計算を捨てよ】


痩せたい人~!

太りたくない人~!

は~い!(私)

 

運動しても、食べる量を減らしても、体脂肪は減らないよ。

という本を読みましたよ。

 

果糖中毒――19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?

 

 

基本的に、人間がカロリーを使うのは、食物を消化したりとか心臓を動かしたりとかの『基礎代謝』なんですよね。

 

運動しても、大したカロリーは減らせません。

 

そして、世の中には500キロカロリーしかとっていなくても太っていく人もいます。

 

つまり、食べ物や運動量によって痩せるわけでは無いのです。

 

それではどうしたら痩せるのか?

 

痩せるために重要な事は何なのか?

 

それは、ホルモンです。

 

ストレスを感じると「コルチゾール」が出ます。

コルチゾールは内臓脂肪を増やします。

 

そして、「インスリン」が増えると脂肪が増えます。

脂肪貯蔵

「レプチン」が脂肪細胞から放出するホルモンです。

レプチンが食欲をコントロールしています。

 

12時間以内のプチ絶食をすると、レプチンが低下します。

 

・コルチゾール

・インスリン

・レプチン

 

この3つのホルモンをコントロールすることが、肥満防止の鍵なのですね。

 

解決策

 

◆食物繊維を摂る

食物繊維を摂ることにより、

・善玉菌が増える

・血糖値を下げ、脂肪をつくらない

・悪玉コレステロールを下げる

・満腹感が出る

・食事性脂肪吸収を遅らせる

 

◆運動する

・インスリン感度を下げる

・交感神経活性化により、エネルギー消費アップ

・ストレス減→コルチゾール減

・肝臓へのエネルギーが減る

 

 

ちなみに、やせたいと言う事は、脂肪をなくしたいわけですけれども、脂肪にも良い脂肪と悪い脂肪があります。

 

悪い脂肪は内臓脂肪。

これは死に至る脂肪です。

 

良い脂肪は皮下脂肪。

長生き脂肪と言っても良いです。

 

皮下脂肪もなくして美しい(と言われている)スタイルにしたいところですけどもね。

私、太もも太いですけどね。

 

でも、皮下脂肪はあった方が長生きするんです。

 

【まとめ】

太らせるホルモンをコントロールしよう

 

結果的には、食事改善と運動なんですけども、やみくもに食事制限したり、運動するだけでは痩せないわけです。