家事効率化!しゅふろぐ

美容・健康・読書・子育てなど興味の赴くままに綴ります。不定期で塾なし中学受験合格記・歯列矯正日記連載中。

Amazonのtry before you byが便利!返品のやり方

f:id:mocomocomoco1:20221103084235j:image

 

 

アマゾンの『try before you by』、とってもありがたいですよね。

 

『try before you by』とは

 

try before you byは、無料試着ができるシステムです。

 

注文して、商品が家に届いて試着をして、合わなければ返品できます。

 

返品時は届いたときの袋や箱に入れて送り返すだけ。

 

送り状も入れてくれるので、送り主の名前と住所を書いて貼り付ければよし!

 

コンビニに持ち込んでもいいし、集荷で家にいながら返送することもでき、至れり尽くせりです

 

大抵は買取りますが、服のサイズや靴のサイズが違ったときに返品できるのは本当に助かります。

 

服や洋服や靴って、同じサイズの表記でも、メーカーによって違ったりしますよね〜。

 

『送り先』と書かれた紙がない!

さて、『try before you by』を頼むと、紙類が3つ届きます。

 

返送用の送り状

使い方の説明パンフレット

パンフレットの中に、購入した商品等の情報の紙

 

f:id:mocomocomoco1:20221103084347j:image

 

 

ここの返送する方法のところに

 

「返送先」と書かれた紙を必ず同封してください

 

と書かれています。

 

 

え?

あれ?

 

返送先と書かれた紙なんて、同梱されてなかったよ?!

 

どうしよう。

 

と言うことでカスタマーサービスに聞いてみました。

 

バーコードの書かれた紙はあるけれど、送り先と書かれた紙は入っていないとの事をお伝えすると

 

『返送先と書かれた紙を同梱しなくても大丈夫』との事でした。

 

一緒に入っていたバーコードが印刷された紙を入れて返送します。

 

このバーコードの紙

『返送先』

とは書かれていなかったけれど、何かよくわからないアルファベットなどが書いてあったので、返送先の倉庫の番号か何かだったんですかねぇ。

 

※※※追記※※※

try before you byの別の商品時に、このバーコードの紙に「返送先」と書かれていました。

 

たまたま印刷されていなかっただけのようです。

※※※※※※※※

今回、電話はつながらなくてチャットでの対応でしたが、素早く一瞬で解決。

 

Amazonカスタマーは、いつもほんと親切で素早くて、好感度高いです。