家事効率化!しゅふろぐ

美容・健康・読書・音楽など興味の赴くままに綴ります。最近は歯列矯正記事多めです。

Apple Watchのエクササイズリングが、ピアノを弾くとまわってしまう


Apple Watchで運動や活動量、睡眠を記録しています。

 

先日の記事で記事で書きましたが、今は運動をお休みしています。

 

 

mocomocomoco.hatenablog.com

 

 

しかし、最近ピアノを弾いています。

 

残響賛歌と千本桜はだいたい弾けるようになった!

紅蓮華は終わった!

 

ピアノを弾くのは楽しいね~!

 

下記の記事を書いて以降も、毎日ピアノが続いてるよ!

 

 

mocomocomoco.hatenablog.com

 

 

 

しかし!

ピアノを弾くと、Apple Watchのエクササイズリングの回ってしまう~。

運動していると認識されてしまうようです。

 

ガンガン弾いているからなのか、手が動いたら反応してしまうのか…。

 

どうしよう。

 

① ピアノを弾く時はApple Watchを外す

 

これが、まぁどちらかと言えば正確に記録を取れるものかもしれませんが、ピアノを弾くのにもそれなりにエネルギーを使います。

 

ピアノを2時間弾くと、ゆっくりと45分ジョギングしたくらいのエネルギー消費になるとのこと。

(下記URLより)

 

音楽演奏のエネルギー消費(1) | ON-KEN SCOPE 音楽×研究

 

へぇ~

結構カロリー消費してるね!

腕以外の筋肉はあまり使っていないので、

足の筋肉は衰えちゃいそうだけど。

 

ダイエットのトレーニングの鉄則は、筋肉が大きい部位を鍛える。

大腿四頭筋が筋肉が多いので、スクワットがイイヨ!

 

ってことを考えると、ダイエット目的のカロリー消費には向かないけれど。

 

 

② 気にせずそのままApple Watchを使ってつけたままピアノを弾く

 

結構ガンガンにピアノを弾いているので、エネルギー使ってるからいいや…と言うことで、今まで通りapplewatchをつけたままでピアノを弾く。で良い気がしてきた。

 

アップルウォッチやスマートウォッチを使っているかた、ピアノ弾くときはどうしてますか~?