家事効率化!しゅふろぐ

美容・健康・読書・音楽など興味の赴くままに綴ります。最近は歯列矯正記事多めです。

歯並びを美しくしたい。歯科矯正の抜歯と認知症について

 

 

私、歯が叢生で八重歯も2本あります。

吸血鬼や鬼のようですよ。

昔は八重歯がかわいいなんて時代もありましたが。

矯正した方が良いかも…と何年も迷っていて、昨年ようやく3か所の医院で話を聞いてきましたが、その後やっぱり怖くて動けずにいます。

 

【不安なこと4点】

 

①歯茎がすでに痩せているのに、矯正したらもっと痩せるけれどだいじょうぶなのか
(医院で質問しましたが、痩せるかどうかは治療してみないとわからない。痩せてしまったら戻せない。と言われて恐怖。歯が抜けるということはないようですが、怖い。)

 

②私、面長がコンプレックスなんですが、歯科矯正をすると面長になるという話を聞き、嫌だなぁという気持ちと、歯並び綺麗にした方が良いよという気持ちとで折り合いが付きません。

 

③頬がこけてほうれい線が深くなるというのも不安です。

 

④治療医院決めにも迷っています

治療法が異なっており、

・歯を計4本抜く

・上の歯は2本抜き、下の歯は抜かずに削る

素人にはどちらがいいのかわかりません。


抜歯による歯の根元に菌(歯周病菌?)が繁殖して、様々な病気(アルツハイマー?)の原因になるときいたことがあり、歯はできるだけ抜かないほうがいいとすると、歯を抜かない方針の医院に行こうかな…とも思うのですが、決められずにいます。

 

 

 

【抜歯と歯周病と認知症について】

 

歯がないと、認知症リスクが高まると言われています。

 

歯周病が脳に影響し、アルツハイマーになります。

 

歯周病の結果、認知症になるのか、歯周病で歯が抜けたから認知症になるのか。

歯周病にならなければ、歯が少なくても認知症にならないのか。

 

それならば歯列矯正で抜歯しても、歯周病にならなければいい、というわけで、抜歯問題は解決するのですが。

 

しかし、このような記事も

 

抜歯の場合、歯周病と違い、アミロイドβの沈着には差がなく、アルツハイマー病を悪化させることはないけれど、認知機能障害を引き起こします。咀嚼の低下は、海馬の細胞減少を引き起こします。つまり、抜歯による歯の喪失は、咀嚼の低下を引き起こし、それが認知機能障害を引き起こす要因と考えられるのです。

 

歯科と認知症 | 羽生の歯科医院・歯医者|木村歯科医院|行田市 加須市 鴻巣市 館林市

 

 

んっ…?

抜歯で咀嚼できなくなるから、認知症に?

 


それならば、歯列矯正で抜歯しても、それによってかみ合わせが良くなって、良く咀嚼できるなら、むしろ認知機能障害を防止するのでは?

 


最近、歯並びが悪いだけでなく、かみ合ってない気がするんですよね。

昔は前歯でミカンの房の筋を嚙み切って、薄皮を剥いて食べられたんですが、

最近、かみ合わないからかみ切れない…

 


やっぱり、認知症予防のためにも怖いけど歯列矯正しようか。

そろそろ動きます。

<追記>

矯正始めました。

矯正の記録はこちら

歯科矯正 カテゴリーの記事一覧 - 家事効率化!しゅふろぐ